ストレスチェック制度とは?

マインドマネジメント

労働環境の改善・労働者本人のストレス度の自覚を促し、精神疾患を未然に防ぐことを目的として厚生労働省により定められた法律です。

 

常時50名以上の労働者(規定あり)を有する事業所は1年以内に1度ストレスチェックを実施することが義務付けられています。

実施するに当たり、事細かい規定に則って最後まで正確に行うことが求められます。

(違反した場合、労働基準監督署からの出頭命令や50万以下の罰金が科せられる可能性があります。)

仮に、職場環境の問題により精神疾患になる従業員が出た場合、会社として把握していなかった・何の対処もしていなかったことに対し監督責任が問われかねません。

また、労災認定された場合は多額の慰謝料を請求される可能性も出てきます。

 

精神疾患は未然に防ぎ、大事になる前に対処することが大切であり、ストレスチェック制度とは、会社と労働者の両方を守るためにある法律なのです。

Contact

お問い合わせ

arsHOLDINGSは
「職場環境の整備をする必要がある」
「助成金・補助金の活用がしたい」
「従業員の心のケアが必要・離職を減らしたい」
「M&Aや上場予定企業の分析」
そんな考えをお持ちの企業様に的確なソリューションを提供いたします。

03-6261-5588

03-6261-5588

受付時間/10:00〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)