SDGs × ars holdings

持続可能な開発目標

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。
すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。SDGsはMDGsからの流れで一般的には途上国開発の目標だと思われがちですが、SDGsは経済、環境、社会の諸課題を包括的に扱い、17のゴール、169のターゲットが設定されていることが特徴です。

※国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所
HPより一部転載

SDGs17の目標とは

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた17目標です。

貧困をなくそう

飢餓をゼロに

すべての人に健康と福祉を

質の高い教育をみんなに

ジェンダー平等を実現しよう

安全な水とトイレを世界中に

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

働きがいも経済成長も

産業と技術革新の基盤をつくろう

人や国の不平等をなくそう

住み続けられるまちづくりを

つくる責任つかう責任

気候変動に具体的な対策を

海の豊かさを守ろう

陸の豊かさも守ろう

平和と公正をすべての人に

パートナーシップで目標を達成しよう

ロゴ

今、世界がめざす「サステナブルな社会」とは

現在、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めているのが「サステナブルな社会」の実現です。「サステナブルな社会」とは、「持続可能な社会」。地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も美しい地球で平和に豊かに、ずっと生活をし続けていける社会のことです。国連では17の目標が掲げられ世界中で様々な分野で取り組みが進んでいます。

弊社の行うサステナブルな社会つくりへの取組み

SDGsの中で特に2つに関して取組みを強化してまいります。すべての⼈のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成⻑、⽣産的な完全雇⽤およびディーセント・ワーク(働きがいのある⼈間らしい仕事)を推進するために良好な労務環境整備をサポートいたします。そしてジェンダーの平等を達成し、すべての⼥性があらゆるステージで輝ける会社つくりを通じ、誰もが⾃⼰実現と社会貢献ができる社会つくりを応援します。 SDGsは、パートナーシップと実⽤主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを⽬指すものです。弊社が創業時から社名にも込めている「a」alliance 「r」relationship 「s」sustainable という 想いにまさに合致しているものであり、次世代に貢献し存続していける企業として⾃⾝も誠⼼誠意努めてまいります。

Contact

お問い合わせ

arsHOLDINGSは
「職場環境の整備をする必要がある」
「助成金・補助金の活用がしたい」
「従業員の心のケアが必要・離職を減らしたい」
「M&Aや上場予定企業の分析」
そんな考えをお持ちの企業様に的確なソリューションを提供いたします。

03-6261-5588

03-6261-5588

受付時間/10:00〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)